teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:2/91 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

時任康文氏による指揮法ワークショップ

 投稿者:武蔵野音楽大学同窓会 山口県支部メール  投稿日:2011年 9月16日(金)01時44分2秒
  通報
  突然の書き込み失礼します。
武蔵野音楽大学同窓会 山口県支部と申します。
私たち武蔵野音楽大学同窓会では音楽の普及事業或いは後進の育成として
山口県内でのコンサートや講習会などを催行させていただいております。

今年は下記の日程で、「時任康文氏の指揮法講座」をワークショップとして催行いたします。

時任氏は山口県立豊浦高校から武蔵野音楽大学音楽学部器楽科(トランペット専攻)に学び、
卒業後は東京音楽大学指揮科に進まれました。国内の各オーケストラを指揮しオペラなどを精力的に振られています。吹奏楽ともかかわりが深く東京の乗泉寺吹奏楽団の常任指揮者を8年間務め全日本吹奏楽コンクールに5年連続出場、3年連続金賞受賞。近年では、東京佼成ウインド・オーケストラ、東京吹奏楽団、大阪市音楽団、シエナ・ウインド・オーケストラ、ヴィヴィッド・ブラス・トーキョウ、広島ウインド・オーケストラ、フィルハーモニック・ウインズ大阪等、プロフェッショナルな団体に度々客演指揮。2001年度には吹奏楽コンクール課題曲参考演奏を東京佼成ウインド・オーケストラと共に録音。又、スタジオミュージシャンを中心に集めた大江戸ウインド・オーケストラでは吹奏楽の新しい可能性を追求されました。

今回の講座は「時任氏の指導」による「主に吹奏楽やオーケストラなどで指揮をされる方」のための指揮法ワークショップを開催いたします。

【主催】 武蔵野音楽大学同窓会 山口県支部                                                        【日時】 平成23年11月23日(水曜・祝日) 15:00~17:30                                                 【会場】 山口県 周南市文化会館リハーサル室                                                       【場所】 山口県周南市徳山5854-51                                                             【内容】 時任康文氏による指揮法のワークショップ(体験型講座)
      14:30~受付
      15:00~17:30 ワークショップ
(モデルバンド=下松市吹奏楽団を指揮しての指揮基礎とその応用)
【課題曲】 ①G.ホルスト作曲 「吹奏楽のための第1組曲」から「1.シャコンヌ」
       ②G.ホルスト作曲 「吹奏楽のための第2組曲」から「3.鍛冶屋の歌」
         ③吉俣良 作曲/後藤洋 編曲  「NHK大河ドラマ『江』~姫たちの戦国」
(月刊バンドジャーナル誌付録楽曲)
【受講者】 指揮実技~6名程度 (応募者多数の場合は事務局で選抜いたします)                                                 【聴講生】 100名程度
【受講料】 指揮実技~6,000円、聴講~2,000円
  ※ 実技受講料は当日、受付にてお支払いください。
   聴講希望の方は事前に前売りチケットをお買い求めになるか、当日券をお買い求めの上で聴講してください。
その他 : 指揮受講の方は、指揮棒、筆記用具、使用曲目のスコア、テキストをご持参下さい。
  ※ 課題曲スコアの無い方は、お申し込みの際申し出てください。貸出しいたします。(講習会終了後回収します)
                                                                       【指揮受講お申込み】 :
平成23年10月21日までに、
お名前・年齢・性別・住所・電話番号(携帯番号)・e-mail ・指揮歴及び楽器歴・所属団体などを
事務局のアドレス miuchan_tubby0408@yahoo.co.jp にメールいただくか、
事務局(三浦携帯電話)に直接ご連絡ください。
      〒744-0031  山口県下松市生野屋1丁目11-14 三浦秀行 宛 、 携帯 090-3638-0048

尚、当日11月23日(水、祝日)は、同会館(周南市文化会館)で午前11時よりyabコンサート(鹿児島情報高等学校さんのコンサート)が催し予定ですが、時任氏ワークショップはそのyabコンサート終了後の開催ですので、是非ともあわせて足をお運びください。
 
 
》記事一覧表示

新着順:2/91 《前のページ | 次のページ》
/91