新着順:19/371 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ムラがあるようですが….

 投稿者:JUN  投稿日:2017年 2月28日(火)12時17分40秒
  通報 編集済
  こんにちは。
週末に「フランスで一番おいしいクレープ」「パリ一番のクレープリー」の評価を持つ店の京都店で、ガレットとデザートクレープを味わって、週明けに我が身の体重に驚いたJUNでございます。.歩いたのに….。食事の(本日の)ガレットとブラウンシュガーのデザートクレープのお得セットはやめて、単品でオーダー、ブラウンシュガーのクレープはひとつを主人とシェアするという理性を保ったのに…。迷い無くセットをオーダーしてまるまる2皿召し上がっているお嬢さん方の細身は、若さの特権でしょうか….?

さて、つばひろさん、ルスツ初日のご報告、楽しく?拝見いたしました。
ウェスティン・スタンダード、ルスツ流、外部委託のサービスが混在する中で、スタッフのスキルにはまだムラがある様子ですね。

実は宅配便カウンターは、昨年7月には稼働してなくて、キャディバッグ受取りや発送はゴルフ場の担当スタッフが担っていました。トランク類は、我家はノースのジュニアスイート利用だったので、ノースのベルスタッフ担当で何のストレスもありませんでしたが…タワー(ウェスティン)はさて、この後どうなるのかなと気になっていました。というのも、ここ、以前はベテランの女性スタッフが受付に座っていて、臨機応変に無駄話のおまけ付きでよく対応されていたんです。何年か前にやめられたことがあって、その時彼女のいない空虚感に驚いたものの、次シーズンには復帰されて、再会を喜んだ覚えがあります。
7月の平日とはいえ、ゴルフ場は充分に混み合っている時期の宅配カウンタークローズ...と言うことは、ウェスティン・リブラドを期にやめられたのかもと覚悟はしてましたが…お話では、今は特定の会社のスタッフがいらっしゃる様子ですね。
ノースの方はスキーシースンに稼働する宅配フロアがロッカールームの下にあって、各社のカウンターが設置されていますが、タワーにそのスペースはありませんから、会社が特定される状態は危険ですよね。スタッフにとって自社のお客とホテルのお客がちがうわけで、ゲストにしても、別の会社で送った荷物はどこにある?との迷いに繋がります。
以前にパワフルに働いてらした女性スタッフは、ルスツのユニフォームを着用していました。お給料のでどころは多分*社…でも彼女はルスツの看板を背負って仕事をしていました。ウチは*社だからという一言は彼女のようなスタッフから発せられることは考えられず、彼女なら*社扱いでない荷物がそこで保管されていなかったとしても、ルスツのゲストのために的確で親切な案内をしたと思います。
理由はどうあれ、リブランド開業を前に、ウェスティンは大切な経験豊かなスタッフを一人手放したとすれば、そのリスクを埋めるのは難しい...。まずは、実際の身分はともかく、宅配受付スタッフもウェスティンのユニフォームを着用すべきで、そうでなければ、他社のお客は対応対象外の危うい態度は、安易に表れそう….。それは*社のスタッフの問題で…と分かっていても、不快感はホテルの空気感に広がるわけですから、外注任せは危険なんですよね。まあ、宅配業務をほんとうにホテルのスタッフが補うとなると、代行手数料が発生することも...ホテル雇用でもないのにホテルの看板を背負わすのも…ルール上簡単に行かないことかもしれませんが、ここかと思えばあちら、ゲストに無駄足を踏ませたり、不要に迷わせたりのシステムは論外ですから、穏やかにもの申されて、改善のアドヴァイスをされたらいいと考えます。
また、モノレール担当スタッフは…..わたしもレポートで指摘しましたが、かなり印象に差があります。
挨拶も声かけも元気で、感じのいいスタッフがいる一方、朝からそこまで疲労感を漂わせなくてもとあきれるばかりのスタッフも、いました。単調な仕事ですし….ゲストもいろいろと、…で、嫌気がさすこともあるんでしょうね…と言ってしまってはダメですね。
今は価値感も習慣も異なるゲストもふえてきて、ルスツに限らず、受け入れサイドのコンセプトが揺らぐこともある時代ですけど、つばひろさんのご指摘のように、要はスタッフです。この後数日の御滞在中に、ほっとされるひとときを、少なからず体験されると、わたしは期待しています。言うまでもなく現ルスツ流にはトマム流が融合しています。嘆かわしい変化のなかにあってさえ、しぶとくトマムに繋ぎ止められたわたしたちは、みんなそれぞれに、多少のことには目をつぶってでも余りある満足感をくれる『スタッフ』の存在がありましたよね。
ルスツで、そんなスタッフとの出会いがはじまりますように。
お楽しみください。
 
》記事一覧表示

新着順:19/371 《前のページ | 次のページ》
/371